ビタブリッドCフェイスの口コミはわかりずらいのは自然な感じだから

最近よく広告で見かける化粧品にビタブリッドCフェイスがあります。
ビタブリッドCフェイスとは純粋なビタミンCを使った化粧品で、これまで一般的に販売されてきたビタミンC化粧品のほとんどは科学的に作られたビタミンCを使っているが、ビタブリッドCフェイスは本物のビタミンCという部分で大きな違いがあります。
そこでビタブリッドCフェイスの口コミでの評価をネットで調べてみると、効果があった、効果なしという口コミがあるのはもちろんですが、それでも良くわからない部分が多いです。
むしろ劇的に効果があったという口コミばかりだと逆に信用できないという感じはありますが、ビタブリッドCフェイスの場合は、まぁ効果がないという事ではないんだろうな、という感じで、良いのか悪いのかわかりずらい口コミが多いように感じます。
また、口コミを見ているとニベアも使うという使い方もあるようですが、これは他に保湿できる物を持っていれば特段必要ないだろうと思いますが、ニベアはニベアなりに効果があるようで、クリームを持っていない人が新たにクリームを買うなら値段も安いので良いのかも知れません。
参考:ビタブリッドCフェイスとニベアの口コミが良いのは理由があった
しかし、なぜ口コミがわかりずらいのか考えてみるとその理由はビタミンCにあるように感じます。
そもそもビタミンCは昔から美容には良いと言われている自然な成分ですが、劇的に効果があるというより自然に効いていくという感じで考えれば、口コミを見ても使用していきなり効果があったというという人が少ないのもわかるような気がします。
また口コミを見るときは、どうしてもすぐに効果があったという口コミがあるのを期待していしまいますが、ビタブリッドCフェイスの口コミを見ていくと、ピンポイントで効果があったと言うより、肌全体が明るくなったという口コミが多いので、ちょっとインパクトに欠けます。
ただビタブリッドCフェイスには他の化粧品に無いメリットはあると思います。
それは、水に溶かして化粧水として使うのが基本だけど、今使ってる化粧水に溶かしても良いし、美容液に溶かしてスペシャルケアとして使っても良いからです。
これは他の化粧品にはないメリットで、他の化粧品であればどちらかを使うかどちらも使うかの二択になりますが、ビタブリッドCフェイスの場合は単品で使っても良いし、何かに混ぜても良いので、ピンポイントで使うなら毎日使う必要もなくコスパも良くなります。
またこの様な使い方ができる化粧品も今まであるにはあったのですが、一度開封したら短期間のうちに使わないと、ビタミンCが酸化して効果が落ちるというデメリットも有りました。
でも、ビタブリッドCフェイスの場合、このあたりも考えられていて一週間以内に使わなければならないという様な事もありません。
本当は今または今まで何の化粧品を使っていたかも口コミでわかればそういうケアの後にビタミンCでケアしているのだなというのがわかり良いのですが、そこまで口コミに書いている人も少ないです。
なので劇的な効果を期待するより、自然に全体的に効いてくると考えたほうがビタブリッドCフェイスは良いのかも知れません。
ビタミンCに美容効果がないと考える人はいないでしょうから、ビタブリッドCフェイスの口コミを見るときは、他にどんなケアをしているか、していたのかをチェックすると早めに効果が得られるかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です