歯の再石灰化とはなんじゃらほい?ネット初心者がまとめてみたらメモ帳です

虫歯になってしまった部分を唾液の力で元の通りに戻そうとすることを再石灰化と言います。歯は、食べ物を食べると歯が溶ける作用(脱灰)が始まります。
そしてそれを元に戻そうと唾液の成分が働いて再石灰化が起こり、虫歯にならないように防いでいます。これが繰り返され分泌される唾液によって口内環境を保ち、歯を守っているのです。このバランスが崩れると、自然治癒力が弱まり、再石灰化が妨げられて虫歯が大きく進行してしまうのです。虫歯の原因としてはプラーク(歯垢)が挙げられます。
これが増殖して自然治癒力が弱まると虫歯ができてしまいます。特に口の中が酸性の時間が長く続くとプラークは増え続けます。口内環境を良好に保つには、正しい歯ブラシのブラッシングと、歯垢を取り除くデンタルフロスの使用などが有効的です。歯の根元や、一度治療したところに汚れがつき、虫歯が増える、といったことも多いようです。また小さい虫歯であれば、フッ素添布で治ることもあります。子どもの歯は特に柔らかく、進行が速いので乳歯のころからフッ素で歯を守ってあげることも虫歯をできにくくする手段の一つです。今は市販のフッ素入り歯磨き粉や歯医者さん仕様の歯磨き剤、デンタルリンスなども売られているのでそれらを使ってみても良いでしょう。
そして口内環境をよくするためには食習慣も影響があります。口の中にずっと食べ物がある状態は、虫歯菌を常
駐させることになり、再石灰化を妨げます。だらだらとした間食やめて、食事習慣をきちんと整えることが歯を守るためには大切です。歯磨きの代わりに100%キシリトールガムをかむことも唾液を増やし、虫歯の再石灰化と自然治癒力を上げてくれるので歯医者さんでも推奨されています。
なお、就寝前は唾液の分泌量が減り、再石灰化がしにくくなりますので、寝る前には食事や清涼飲料水を飲むことは避けたほうが良いでしょう。一度虫歯になると残念ながらもとには戻りません。健康な歯を保つために、日頃から口内環境をよくする習慣を心掛けましょう。
最近はいろいろあるものでブリアンという高いものまで^^;
芸能人やモデルさんのママはお口の大切さを知っている方に人気なんだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。